「お仕事発見の体験企画」で湧き上がる若者のモチベーション
ACTIVITY!October 22,2015

学園祭は、地域との交流の場、様々な世代が繋がっていく。 学生が子ども達のために職業に関連した体験を企画。パイロット、ゲームクリエイター、銀行員、スポーツトレーナー、医療技師等の体験ブース...

小学生との農作業を通して、「考える」ってことを考える!
ACTIVITY!October 22,2015

田植えを体験した小学生にとって、手のひらにおさまるような苗が、背の高さまで成長したことに大騒ぎ。チームをつくって競争したことで、楽しさも倍増し、作業も効率良く出来ました。 しかし、その裏...

採穂作業を通して働くことを考える
ACTIVITY!October 15,2015

赤ん坊の髪のように柔らかい穂の採取は、手作業である為、効率が悪い。 足場の悪い中で両足を踏ん張り、はさみ片手に、背伸びの作業であったが、チームワークも良く、板についている。 暫くし...

一束の稲穂の重み
ACTIVITY!October 10,2015

澄み渡った秋空の下、豊後大野市大野町土師地区で、稲刈り・かけ干しの作業を手伝った。 以前、ネットで調べたら、茶碗1杯分のご飯は3200粒と書いてあった。 たった1粒の種籾から、すく...

四季の森プロジェクト
SPECIAL!September 25,2015

地元、おおいたの里山再生と保全を目的とした「四季の森プロジェクト」。平成25年9月に1年次生10名によって結成されて以来、「森林ボランティア養成講座」や植樹祭に参加するなど、毎年、継続...

地域のために今、大学ができること
SPECIAL!August 24,2015

少子高齢化、人口減少、また東京一極集中への歯どめということを念頭に置いたさまざまな施策が進むなか、大分県においてもクローズアップされている「地方創生」。その牽引役として期待されているのが、高等...

大学生観光まちづくりコンテスト2015「大分ステージ」現地視察。
REPORT!August 11,2015

― 豊後大野市橋本祐輔市長にインタビュー -   経営経済学部の橋本研究室では大学生観光まちづくりコンテスト2015「大分ステージ」にエントリーしています。 今回、豊後大野...

「小学生 体験型 自由研究教室」開催報告。
REPORT!August 11,2015

実施概要:   小学生同士や保護者同士の交流をしたいというニーズ(地域課題)に対して,NBU学生が中心となり,本学の教育カリキュラムを活かした体験型の自由研究教室を行いま...

海に面した地域の夏~湧き上がる感謝のこころ
ACTIVITY!August 5,2015

佐賀関在住の元小学校の先生らが、「海の地域で育った子ども達だからこそ、きちんと海のことを理解してほしい」という想いで始まった「佐賀関体験塾」~今年は、指導補助として大学1年生8名が手伝う機会を...

2015年度 地域志向プロジェクト研究の実施について
NEWS!July 30,2015

 日本文理大学COC事業「おおいた、つくりびと」では、大分県内の地域課題である深刻な少子高齢社会を豊かに乗り切るために必要な豊かな心と専門的課題解決力を持つおおいた地域創生人材の育成を実現する...